医薬分業を理解するには

 

医療分業してよかったのか?

医薬分業をしてよかったのかどうかは、人によって意見が分かれています。よかった、という人は薬局の可能性を広げることができた、 今後もまだまだ薬局ができることを広げていくことができるといいます。一方、医薬分業をして良くなかったという人は、医療費負担が増えた、無駄になった、という意見が多いです。

確かに、医薬分業のメリットから考えていくと、薬の用法や用量、相互作用など、薬剤師がチェックすることで患者側への的確な説明もできるようになりました。 医師の負担が減り、専門知識を持った人が患者と接し、薬局がかかりつけとなって薬歴管理をすることで、患者側にも安心感が生まれました。 薬歴管理がされるということは、以前服用していた薬の情報もあるということですから、薬局側、患者側両方にとって大きなメリットになります。 もちろんこれは治療に専念できるという意味で、医師にとっても大きなメリットです。

しかしデメリットも確かにあります。病院と薬局、両方に行かなければならないということは患者側、特に具合の悪い方にとっては大きな負担でしょう。 ですが、以前のように院内処方される場合、薬の説明は薬局ほど詳細ではありません。医師の話をしっかり聞いて、覚えておかなければ、 薬をもらうときにきちんとした説明を受けることは、あったとしても薬剤師ほど詳しくはありません。
薬剤師は専門性のある職域ですから、医薬分業をして良かったといえる点については大きく貢献しているのです。

また、現役薬剤師さんが医薬分業について参考になるサイト を作られています。医療従事者側の実際の意見として、とても参考になるでしょう。

 

 

 

 

TOP

現在の医薬分業率

医薬分業の歴史

医薬分業の目的

都道府県別の医薬分業率

医薬分業のメリット(病院)

医薬分業のメリット(薬局)

医薬分業してよかったのか?

海外の医薬分業状況.

医薬分業の未来

 

© Copyright 医薬分業を理解するには All rights reserved.