医薬分業を理解するには

 

医療分業のメリット(薬局)

医薬分業における薬局側のメリットは主に3つあります。
それは専門知識を持った薬剤師が、本来行うべき業務に就けるということ、薬歴管理を行うことで、医薬品による副作用を防ぐことができること、病院と連携が取れることです。

患者にとってかかりつけとなる薬局は、患者自身の体質や調剤すべき薬、患者が今まで飲んでいた薬の管理をし、適切な情報提供や相談を行います。 高齢化社会が進むなか、在宅医療なども増えており、今後も薬局の需要は増すばかりです。 薬局側の医薬分業のメリットを考えると、専門知識を持った薬剤師にしかできない薬剤管理を活かしたメリットがまず考えられます。 薬剤師が本来行うべき業務に専念できることは、医薬分業における薬剤師の大きなメリットといえるでしょう。

また薬歴管理を薬局が行うことで、医薬品に関する専門知識を持った薬剤師が、患者一人ひとりに対して、飲み方や飲み合わせのアドバイスを行うことができます。 かかりつけ薬局を持つことは患者側にとっても大きなメリットであり、薬局、患者、病院3者における連携が取れる、医療業界全体のメリットにもなります。 医師の処方に従って調剤しなければなりませんし、どの病院の処方箋も受け付けるような薬局の場合は、薬剤の在庫を大量にかかえることになりますから、薬剤管理も大変になります。 しかし患者一人ひとりに向き合い、治療の手助けをしていくという意味では、医薬分業は薬局側にとって非常に大きなメリットが多数あるといえます。

 

 

 

 

TOP

現在の医薬分業率

医薬分業の歴史

医薬分業の目的

都道府県別の医薬分業率

医薬分業のメリット(病院)

医薬分業のメリット(薬局)

医薬分業してよかったのか?

海外の医薬分業状況.

医薬分業の未来

 

© Copyright 医薬分業を理解するには All rights reserved.