医薬分業を理解するには

 

海外の医薬分業状況

海外の医薬分業は日本よりも進んでいます。欧米諸国で始まった医薬分業は、欧米諸国で発展し、今につながっているといっていいでしょう。

たとえばヨーロッパだけで見てみると、オランダでは薬局が薬剤の供給全般を行うのが当たり前です。例外として認められているのは、 患者の家が薬局から5キロ以上離れている場合に医師が届けること、病院勤務の薬剤師が病院にいる患者に渡すことです。
イギリスでは1社で薬局の1割を、つまり処方箋の3割を1社のみで占めているという状況もあり、日本とは正反対といえるでしょう。
ドイツは夜間、休日勤務を連邦法によって定めており、当直室、ベッドの設置が義務付けられています。
デンマークでは薬剤を薬局が3000種類管理し、ドイツは1万種類以上を管理しています。この薬剤の在庫は日本以上で、さらに夜間や休日の対応も行っているのが特徴です。

ではアメリカではどうかというと、徹底した医薬分業を行っており、医師から直接患者へ医薬品を販売することは法律に違反することになります。 そのため患者が自分で薬局に行き、購入しなければなりません。この際、医師や医療機関が特定の薬局を指定したりすることも法律違反となります。
アメリカでは徹底した重複投与のチェック、相互作用のチェック、アレルギー等薬歴管理、服薬指導、薬剤情報提供、副作用のモニタリングを行っており、 副作用を患者に与えないことを目的としています。アメリカと日本の違いは、処方箋による報酬が医師に与えられないということです。 このように、海外の医薬分業は、日本以上に進んでいるのです。

 

 

 

 

TOP

現在の医薬分業率

医薬分業の歴史

医薬分業の目的

都道府県別の医薬分業率

医薬分業のメリット(病院)

医薬分業のメリット(薬局)

医薬分業してよかったのか?

海外の医薬分業状況.

医薬分業の未来

 

© Copyright 医薬分業を理解するには All rights reserved.