医薬分業を理解するには

 

医療分業のメリット(病院)

医薬分業によって病院側に発生するメリットはいろいろありますが、最も大きいのは、医師が自分の元にある薬だけに頼らず、 必要と判断した薬を自由に処方することができるようになったことです。また薬の管理を自分で行う必要がありませんから、 薬の処方は薬の専門家である薬剤師に任せ、医師は患者の治療だけに専念することができるようになりました。

この病院側のメリットは医師だけではなく、病院に勤務する薬剤師にも該当します。それは入院している患者に対して服薬指導するといったように、 病棟の仕事に集中することができるということです。責任も分散されるため、病院側の負担が少なくなったのも事実です。
もちろん、患者側のデメリットも大きいため、一概にメリットばかりということではありませんし、改善していくべき点は、医療費負担の増加など多くあります。

現在の日本では医師、薬剤師、患者が一つになって、お互いに情報を提供しあいながら治療と薬剤管理を行っていくようになっています。 薬の種類も年々増え、更なる専門知識が求められる昨今、医師の力だけでは追いつかないことも多く、病院で一括管理できる量も質も、限られてしまっています。 しかし専門知識を持つ薬剤師が常駐する薬局があることで、精神的にも、機能的にも病院の負担が減ったということは、医薬分業における病院側のメリットといえるでしょう。 患者がより安全に、安心して医療を受けられる、それが病院における医薬分業のメリットなのです。

 

 

 

 

TOP

現在の医薬分業率

医薬分業の歴史

医薬分業の目的

都道府県別の医薬分業率

医薬分業のメリット(病院)

医薬分業のメリット(薬局)

医薬分業してよかったのか?

海外の医薬分業状況.

医薬分業の未来

 

© Copyright 医薬分業を理解するには All rights reserved.