医薬分業を理解するには

 

 

 

医薬分業とは、患者の診察から薬剤の処方までを医師や歯科医師が行い、発行された処方箋を元に薬剤師が調剤や投与を行うことを言います。 つまりは医療の分業です。西洋ではすでに行われてきたことで、この役割分担は不適切な薬を除去し、過剰投薬を抑える効果があります。 そのため社会のためにも、個人のためにも有益になっているのです。

日本においては医師らで薬の把握をすべて行うには難しかったため、専門知識を持つ薬剤師を必要とし、厚生労働省が薬価改定、 院外処方箋の発行に対する評価を高め、医薬分業を進めていきました。 医薬分業を進めることで患者側にもメリットが生まれ、処方薬の内容や投与方法、量、相互作用などのチェックを薬剤師によって行う安心性を得ることができるようになりました。 さらに病院の近くではなく、自宅近くなど都合のいい場所で、都合のいい時間に薬をもらうこともでき、不要な薬は処方されなくなりました。
またジェネリック医薬品についても薬剤師に知識があるため、医師が新薬を処方しても、患者の医師で同じ効果を得られるのに安価なジェネリック医薬品に変えることも可能となったのです。

ですが病院と薬局を行き来しなければならない、薬の在庫がない薬局もある、自己負担額が増えるというデメリットも同時に生まれ、現在はこのデメリットをどう打破するかがカギとなっています。 個人病院などでは、今でも病院で薬を処方する場合もありますが、今は多くの病院が医薬分業を進めているのです。

 

contents

                   

現在の医薬分業率

医薬分業の歴史

医薬分業の目的

都道府県別の医薬分業率

医薬分業のメリット(病院)

医薬分業のメリット(薬局)

医薬分業してよかったのか?

海外の医薬分業状況

医薬分業の未来

 

 

© Copyright 医薬分業を理解するには All rights reserved.